岡山市をはじめ、赤磐市、和気町、久米南町など、岡山一円にてご対応をさせていただいております、塚本石材の塚本です。岡山市の墓地にて、お墓の石垣の修復や巻き石の設置、お墓の磨き直しなどのリフォームをさせていただきましたので、工事の様子をご紹介します!

 

【リフォーム完了後】

今回は、10年以上前に納骨室の蓋石を作成させていただいたお客様からまたお声かけいただきました。とても広いお墓をお持ちで、お墓の石垣の一部が崩れてしまっているので見てほしいというご依頼でした。

早速ご一緒にお墓を確認しに行きました!

 

こちらがお客様のお墓です。とても広いお墓ですが、草取りもしっかりされていて、大切にきれいにお参りされているお墓です。

 

側面からみると、どんなに広いお墓かよく分かりますね! お墓の手前に階段があって、こうした2段の構造になっています。印のあるのがお客様がおっしゃていた石垣の崩れている箇所です。

 

石垣の外側が急な斜面になっていて、崩れた石がずり落ちています。斜面の先は溝になっていて、山の水が流れていました。この溝が掘ってあるために斜面が急になっていて、石垣が崩れた原因になっているようです。石垣の石と地面の間には隙間もできていて、お参りの際に人が歩くと崩れてしまいそうな危険な状態です。

 

手前の階段部分です。崩れた石垣部分を直すのに合わせて、この上に巻き石を設置して石垣全体をきれいにしたいというお話しでした。

今回の工事としては、石垣の修復・巻き石の設置を主にさせていただくことになりました。工事内容のご説明やお見積もりを差し上げて、工事スタートです!

 

まずは石垣の修復です。石垣が崩れた原因となっていたのは、下の斜面の先にある溝の存在でした。ですがこの溝を土で埋めてしまうと山の水が流れる溝がなくなってしまうので、水の流れる道を確保しながら、石垣が崩れないようにする必要があります。ですので今回は、ここに土管を埋設して水の流れる場所を作る工事をします。

まず、土管を設置する場所を掘りこみ、下の土をランマーという機械で固めます。

 

地盤を固めた後、「ヒューム管」と呼ばれる水が通る管を設置しました。

 

ヒューム管を設置したあと、上に砕石を入れて埋め戻します。最終的には周りと同じ高さになるようにならして、溝の高低差があったところを埋めることで、石垣が崩れないようにしました。これで、山の水が流れる道を確保しながら石垣の修復をすることができました。

 

お墓の工事に移ります。巻き石を据えるにあたって、一度お墓をすべて取り外していきます。

 

一番下の台石を取り外しています。傾かないようにするためか、かなりしっかりとコンクリートで固定されていたので、ひとつひとつはがしながら取り外します。重量のあるものはクレーンで吊って搬出します。

 

巻き石を設置する工事に入ります。当初は石垣の真上に巻き石を据えたいというご希望でしたが、確認したところ、石垣は高低差があって水平を保てない状態でした。そこで、石垣の少し内側にブロックで一段かさ上げをして水平を確保して、その上に巻き石を設置することになりました。写真は、ブロックを並べて設置し、その上に巻き石を据え付けているところです。

 

ブロックの上に巻き石の据え付けが終わり、L字の金具等を使って石と石をしっかり固定しています。角の部分はL字の耐震金具を使用して、石と石がずれて開いたりしないようにします。

 

角以外の部分も、L字の金具と平面の金具を併用してしっかりと固定しました。かなり広さのあるお墓なので、縁石と縁石を固定するだけでなく、こうして全体がずれないように工夫してできる限りずれを防ぐ施工をしました。

 

巻き石の据え付けが終わって、内部の工事に入ります。「クラッシャーラン」と呼ばれる地固め材を入れて、地盤の強度が上がるように転圧しています。この上には、防草シートを全体的に敷いてから砕石を敷きました。

 

地盤の工事が終わったら、お墓の据え付けに入ります。全体にとても大きなお墓で、この水鉢だけでもとても大きく重量がありました。クレーンで吊って慎重に据え付けていきます。

 

完成です!

お墓の据え付けは、耐震ボンド等を使用してしっかりと据え直し、防水シリコンで目地を入れました。墓誌は、バランスを考えて正面に向けて設置しました。

 

巻き石の施工のために一度取り外したお墓本体は、汚れがたまっているのが目立ちました。磨き直しをご提案したところ、それならきれいにして欲しいということでしたので、今回工場できれいに磨き直してから据え直しました。棹石はポリッシャーなどで光沢を戻すかたちできれいに仕上げましたが、台石の方はかなり傷んでいましたので、1センチほど切り込んでから磨き直しています。それぞれの石の状態に合わせた方法で磨き直しました。

ずいぶん前に作られたお墓で石自体が持っている色合いがもともと異なっていたので、仕上がりもそれぞれの色合いになりましたが、全体をきれいに磨きなおして水垢などの汚れも取れ、清潔で明るくなりました。

 

巻き石と石垣はこんな仕上がりです。これまでは土だった部分をコンクリートできれいに整えましたので、雨の日もぬかるんだりすることなくお参りできるようになりました。

完成した様子をご覧になったお客様には喜んでいただけました。石垣の崩れも心配されていましたので、安心されたようでした。ずいぶん昔からの墓地で、不便な面も多々あったと思いますが、見違えるようにきれいになってお参りしやすくなったと思います。これまで通り大切に、きれいになったお墓を気持ちよくお参りいただきたいです。10年以上前にご縁があったお客様でしたが、またお声かけいただけてうれしかったです。ありがとうございました! また何かお困りのことがあれば、どうぞいつでもご相談ください^^