岡山市をはじめ、赤磐市、和気町、久米南町など、岡山一円にてご対応をさせていただいております、塚本石材の塚本です。岡山市北区御津の地域墓地にて、シンプルで柔らかい洋型墓石を建立させていただきましたので、ご紹介します。

 

岡山市北区御津 地域墓地 新設

 

「お墓を建てたい」というお客様が、飛び込みでお店の方へお越しくださいました。弊社から車で15分ほどの岡山市北区御津での建墓をご希望で、当店のある地域とは峠を隔てていますから同じ生活圏とは言えないと思うので、どういった経緯で当店にお越しくださったのかはわかりませんが・・・わざわざお越しくださって、ありがたい限りです。

お墓についてのご希望は細かくはありませんでしたが、あまり背が高くない洋型のお墓をご希望でした。また、なるべく費用を抑えたいということもおっしゃっていました。当店の展示品にピッタリくるものがなかったので、施工例のお写真やカタログをご覧いただいて、イメージに近いものを参考にアレンジし、一度設計図やお見積りを見ていただくことになりました。その後、ご依頼をいただいて工事に入りました。

 

こちらがお客様が取得されていた墓地です。幅4m、奥行き2mほどの広い墓地です。

 

草や残土を5、6cmほど漉き取って取り除き、お墓を建てる場所に基礎を打ちました。しっかり固まるまでこのまましばらく養生します。

 

基礎が完成しました。今回は、ご予算のご都合もあって敷地全面にコンクリートを打たず、防草シートを敷いて雑草対策をすることになりました。

 

基礎の上にお墓の据え付けが始まりました。四ツ石と上台を据え付けました。今回の工事では、後方のブロック壁の上からクレーンで吊って石を下ろし、据え付けました。黄色いものは養生テープです。組んだ四ツ石のコンクリートやボンドが固まるまで、しっかりと緑色のベルトで固定します。

 

上台の前面はこのように大きく開いています。ここからご遺骨を納めるための開口部です。内部にはきれいな砂を敷いています。

 

お墓を据え付けたあと、墓誌台を据え付けています。周りは防草シートを貼って、その上に砂利石を敷いて仕上げます。

 

完成です!

 

シンプルな形ですが、細部は丁寧に加工を施しています。棹石の下、上台には「亀腹加工」といってゆるやかなアールを持たせた加工で、シンプルながらも上品なイメージになるようにしました。水鉢や花立・香炉の前面も丸みを持たせて立体感を出し、全体的に柔らかいイメージに仕上がっています。また、四ツ石の側面には、左右に換気口を設けました。内部に湿気がこもらず、ご遺骨を守ることができます。

水鉢の前面には家紋を彫刻し、こちらは白い色を入れました。ご納骨の際は、水鉢や花立を取り外して行います。

 

後方にはステンレスの塔婆立てを設置しました。弊社では、塔婆をスプリングで抑えるような構造のものを使用しています。塔婆を立ててもパタパタ動かないので、ご好評いただいています。

 

こちらは、私どもで「霊柱」と呼んでいる、分割できるタイプの霊標です。追加彫刻などの際は必要な部分だけを工場へ持ち帰って彫刻することができます。最近は、追加彫刻の際に機械を持ち込んで現地で行うことも一般的になってきましたが、今回のお客様の墓地は、狭い階段を通って墓地まで行かなくては行けないような立地でした。追加彫刻を行う際に現地彫りの機械をお墓へ入れることも難しく、大きな墓誌板を取り外したり搬出したりすることも大変ですし、費用もかかってしまいます。この「霊柱」は、お墓の立地に適した霊標とも言えます。

 

お墓の前にはすべり止め加工をした拝石を設置しました。周囲は草止めの防草シートを敷いていますので、お墓のお手入れも楽です。

お客様からは、このようなお声もいただくことができました。

塚本石材様、塚本和也様、スタッフ一同様へ

限られた予算でお願いするしかなかった私共遺族に対し、最初から最後まで親切丁寧に対応して下さり、希望も叶えて頂き、本当に有難かったです。出来上がったお墓を見た時は、想像以上に立派で、心を込めて造ってくださったんだな、という皆様の気持ちが伝わって来て、本当に感謝しております。故人も喜んでいると思います。有難うございました。大切に守っていきます。僧侶の方にも褒めてもらいました。これからもお身体に気を付けて、お仕事頑張って下さい。

お忙しい中、こんなありがたいお声を寄せてくださいまして、本当にありがとうございます。

ご希望に沿えるお墓が無事に出来上がり、スタッフ一同ホッとしております。それと同時に、皆様にご納得いただけるお墓になったことは、弊社にとって財産であり、とても嬉しく、今後の励みになります。ありがとうございます。僧侶の方にも褒めていただけたとのこと、お客様のご自慢のお墓になれればうれしい限りです^^ 何かお困りのことなどございましたら、どうぞまたいつでもお声かけください。